逃げ惑うエキストラさんたち。

ライブドア対フジ、とりあえず第一回戦はフジの勝利といった感じですかね。ライブドア擁護派の方が多いみたいだけれど、ライブドア社長の行動を見てればニッポン放送ライブドア傘下に入りたくない理由も分かる気が。てかてか、ライブドアの社長は本当に友好的な業務提携がニッポン放送やフジと共に出来ると本気で考えてるのかな。

キャッチャー・イン・ザ・ライ((ISBN:4560047642))

何とか全部読みました。村上春樹の翻訳が凄いのか、原作者が凄いのかは不明だけれど読みやすい本だったかな。

未成熟なるもののしるしとは、大義のために高貴なる死を求めることだ。その一方で、成熟したもののしるしとは、大義のために卑しく生きることを求めることだ

という所になるほどと納得。この辺は攻殻機動隊の2ndに通じているかな。

キャッチャー・イン・ザ・ライ

キャッチャー・イン・ザ・ライ

Harry Potter and the Sorcerer's Stone((ISBN:0590353403)) ((邦題:ハリーポッターと賢者の石))

ハリーポッターと賢者の石の洋書版をReading skill向上のために最近読み始めてみた。まだ最初の方しか読んでないのだけれど、何だか思ったよりも簡単な(読みやすい)気がする。話の内容をある程度知っている*1というのもあるかもしれないけれど、幾分簡単に書かれているのかな。それとも普段こういう本は読まないから、他の小説もこんな感じなんだろうか。

Harry Potter and the Sorcerer's Stone

Harry Potter and the Sorcerer's Stone

*1:本ではなくて映画のみ

それがぼくには楽しかったから((ISBN:4796880011))

前からちょこちょこっと読んでいた、Linuxの原型を開発したリナーストーバルズの本をまたちょっとだけ読み始めた。特に読んでいて面白いというわけではないけれど、Linuxオープンソース運動なんかの動きがよくわかっていいかも。
当面の目標は最後まで読みきること。

それがぼくには楽しかったから (小プロ・ブックス)

それがぼくには楽しかったから (小プロ・ブックス)

  • 作者: リーナストーバルズ,デビッドダイヤモンド,風見潤
  • 出版社/メーカー: 小学館プロダクション
  • 発売日: 2001/05/10
  • メディア: 単行本
  • 購入: 16人 クリック: 236回
  • この商品を含むブログ (133件) を見る


読書量がまた多くなってきた今日この頃。TOEFL受かったしまぁいいか。

最後にサイトの紹介。