女性・女系天皇を容認…有識者会議が一致

[ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051025-00000013-yom-soci ]
敬宮愛子内親王が産まれた頃から表面化してきたこの問題ですが、ついに容認の方向で決まりそうな感じです。
順調にいけば今の皇太子が即位・崩御されたら次は敬宮愛子内親王が即位という形になると思われます。順調にいけばですが。

ちなみに、過去に女性で天皇だった人は6人おり、ほぼすべての人が先代天皇が思ったより早く崩御してしまった為に後継者が即位するには幼い為その間の中継ぎ役として即位しています。
仮に愛子内親王が即位するとした場合、女系天皇後桜町天皇*1以来の235 + αぶりとなります。いやすごいですね。
今の所、今上天皇が崩御したら皇太子徳仁親王が即位する可能性が極めて高いので徳仁親王が崩御した後、愛子内親王が即位される可能性が高いです。もしかしたら50年くらい先には女系天皇が見れるかもしれません。そしたら285年ぶりか。

と、ここまで書いておいてなんですが、今後の皇室典範改変の動きによっては、徳仁親王が即位して崩御する前に長男が誕生した場合*2、男系優先となり愛子内親王ではなくてその長男が即位する可能性もありです。ただし、徳仁親王が崩御された時にその長男が即位するには幼すぎると判断された場合はやっぱり愛子内親王が中継ぎ役として即位となる可能性もあったりと。もぅ、ややこしいなぁ。

とりあえず、いろいろつめていく必要がある所は多いので、完全決定はもうちょっと先かもしれないですね。

*1:在位1762年〜1770年

*2:雅子妃殿下の年齢からして考えにくいですが