皇室典範改正勉強会 「Y染色体」の重要性指摘 男子皇族、代々受け継ぐ

[ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051130-00000004-san-pol ]

女系天皇反対派がついに最後の切り札を出してきました。

仮に初代神武天皇以降嘘偽りなく男系天皇が続いているとした場合、理論上Y染色体は薄まることなく確実に代々伝わっているはずです。
しかしながら、実際のところ神武天皇なんて伝説化してしまって存在自体が怪しかったり、政変などによって天皇が京都から地方に追いやられたりしたこともあったり、下手したら時の有力者によって知らぬ間に挿げ替えなんてことが行われたかもしれないわけです。昔の天皇は公家にとっても雲の上の存在、簡単に謁見など出来ず、出来たとしても遠くの方から簾越しに見れるのみ。そんな状態だと、他人にすりかわってても誰も気がつきません、たぶん。
個人的には神武天皇以来のY染色体とか言われてもほんとかよとか思ってしまうわけで、どうも重要だとはいいきれないわけです。

確かに1000年以上男系で続いてきた天皇家を守る重要性はあるかもしれませんが、今の天皇の仕事の一つとしてY染色体を次世代に伝えるというのは含まれていない気がします。
過去には天皇を追放したり傀儡化した有力者もいるわけだしここで男系をやめることがそんなにいけないことだとは思わないのだけれど。大切なのは国家の象徴としての天皇家の存続。