読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe : ナルニア国物語 ライオンと魔女


ちょっと時期を外した感じもするけれど、ナルニア国物語を見てきましたよ。アメリカは5ドルで映画が見れるから良いですね。日本も大人1000円くらいにするべきかと。

全体的にはThe Lord of the RingsとHarry Potterの良いとこを組み合わせた感じ。戦いのシーンもあり、ちょっと不思議な空想の生き物も出てきたり、魔法を使ったり、まさにファンタジー。上の2つの映画が好きな人はこの映画も楽しめると思います。

話の内容は分かりやすく、さすがディズニーといったところ。どうやら原作に忠実に作ったみたいですね。

キャラクタもいい感じ。いわゆるヒーロー的な存在の役は無く、主人公の子どもたちも別にヒーローのように何でもこなすわけではないけれど、ちゃんと活躍してるところが良いですね。特に一番上の兄かっこよかった。意外だったのが魔女。魔女があんなにアクティブに戦うとは予想外でしたよ。あとは赤くないサンタクロースも印象的。ルーシーはよくあれでサンタだってわかったなぁ。。。

映像もきれいだし、もし気になる人がいれば映画館で見る事をお勧めしますよ。といっても日本での公開はまだ先ですが。。。


にしても原題ではThe Lion, The Witch and The Wardrobe(たんす)なのにWardrobeのところだけ邦題に入ってないのはなぜ・・・?