読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エラゴン 遺志を継ぐ者

movie


というわけで、先日の犬神家の一族に続いてエラゴンを見てきましたよ。まーエラゴンという名前からしていかにも微妙なオーラを出してる映画をわざわざお金を出して見たのか謎ですが、とりあえず見てきました。


これより下はたぶん思いっきりネタバレしちゃってるので今からエラゴン見ようとか思ってる人が読んじゃうと激しく見る気を失くす可能性があるので読まない方がいいかもしれません。







はい、一応警告しときましたよ。







まず、ぶっちゃけて書いちゃうとエラゴンって主人公の名前です、はい*1
勢い的には何かドラゴンをちょっとかっこよく言ってエラゴンなのかと思いきや、実は主人公の名前。何とも紛らわしすぎ。ちなみにドラゴンの名前はサフィラといういかにもFFとかに出てきそうな名前。

とりあえずこのエラゴンは激しくLord of the RingsやHarry Potter, The Chronicles of NARNIAあたりを意識してます。でも、映像や各人物の魅力はLord of the Ringsには全然達してないし、魔法はHarry Potterに比べて使い方や出番が微妙だし、ドラゴンの映像についてはThe Chronicles of NARNIAのアスランの毛並みの足元にも及んでない感じ。誰だ、Lord of the RingsやHarry Potterに続く最高のファンタジーとか言ったやつは。


まず何が悪いかって、原作を激しく省略しすぎ。どうやってアーリアが卵を王から奪ったのかも謎だし、エラゴンが選ばれた理由も謎。エラゴン自身も農民の子がドラゴンライダーなんて・・・とか言ってるけどまさにその通り。Lord of the Ringsのアラゴルンのように実は王家の血筋だったとか、Harry Potterのハリーのように幼少の頃に既にラスボスを倒しちゃったような潜在的な能力を持ってるわけでもないし、The Chronicles of NARNIAの四兄弟のように伝説で語り継がれてきてたわけでもないし、何故エラゴンなのか不明。いや、もしかしたら原作ではその辺もきっちり書かれてるのだろうけど映画では説明がすっぽり抜けててわけわかめ。幼少の頃に出て言ったエラゴンママが実はドラゴンライダーの血筋だった、とかだったら納得なんだけど。とにかく原作読んでない人にとっては"???"の連続。さすがにLord of the Ringsの3時間はちょっと厳しいけどあと15分くらい延長して2時間映画くらいにしても良かったんじゃないかと。


で、それまでの戦闘シーンがいかにダメダメでも期待してしまう最後の決戦シーン。まずね、ボスがダメダメ。あんな蛇の下グリマ*2みたいなやつがボスとかダメすぎ。ついでに最後の決戦といえば、だだっ広い草原で両軍が激突っていうのが相場なのにあんな狭い谷間でやってからに。普通に考えてあの大軍があそこまで攻め入ってたらいかにドラゴンが居ても持ちこたえるのは無理でしょ。しかも、その両軍の激突のシーンも何か適当にされてエラゴン対グリマ似のボスダーザの激突。確かに迫力はあるけど案外あっさり決着ついちゃって期待はずれ*3。しかもボスが倒されちゃったらいつの間にか他の敵もみんな倒されちゃってるこの凄さ。おまえらいつの間に倒したんだっていうくらいばっさばっさと倒れてる。せめて撤退のシーンくらい出しとけよ、と。


たぶんHarry PotterやThe Chronicles of NARNIAはともかく、Lord of the Ringsの出来が話としても映像としても良かったから同じファンタジーとしてエラゴンを比較しちゃうと見劣りしちゃうのかと。見所のドラゴンも↑に書いたようにThe Chronicles of NARNIAのアスランの毛並みを見てしまうとわぁ凄いという感動もちょっと薄い。


と、いろいろぼろくそに書いてますが、実は出てる人達は意外に魅力的な人が多かったり。まず主人公のエラゴンはどうやら新人さんのようですが、全然練習してないのに最終決戦でいきなり強くなっちゃったりして、The Chronicles of NARNIAの四兄弟の長男とかが好きな人には好感度が高い気がします。後物語の中盤までにエラゴンに強い影響を与えるブロムをKingdom of the Heavenでティベリウス卿を演じたジェレミー・アイアンズが演じてますが、なかなかかっこいいです。たぶんエラゴンより確実に目立ってた。そしてヒロイン役のアーリアにはバイオハザードⅡで知る人ぞ知るジル・バレンタイン役を演じたシエンナ・ギロリーだったり。ジルの時とは髪の色が違うので気がつかない人も多そうですが。ちなみにジェレミーとシエンナはタイムマシンでも共演してます*4。他にも微妙な出番しかなかったマータグを演じてるのはトロイでブラピ演じるアキレスのいとこでブラピ覚醒の原因となったパトロクラス役を演じたギャレット・ヘドランドとかも出てます。とりあえずブロムのおじさま的なかっこよさとアーリアの美しさは見る価値はあるかも。


三部作ということでまだまだ続くっぽいですが、先行きちょっと不安。今後ブロムが居なくなった穴をエラゴンやアーリアとマータグでどう埋めていくかとか、新しいボスが出てくるのかとか、エラゴンママやローランあたりが出てくるのかとか気になったりそうでもなかったり。


まぁ・・・3つともちゃんと見ちゃうんだろうけど。。。






あと、エンディングをアヴリル・ラヴィーンが歌ってます。個人的にこの曲好き。さっそくiTunes Music Storeで買ってしまった。。。



エラゴン 遺志を継ぐ者 (ドラゴンライダー (1))

エラゴン 遺志を継ぐ者 (ドラゴンライダー (1))


エラゴン 遺志を継ぐ者―ドラゴンライダー〈2〉 (ドラゴンライダー (2))

エラゴン 遺志を継ぐ者―ドラゴンライダー〈2〉 (ドラゴンライダー (2))


エラゴン 遺志を継ぐ者―ドラゴンライダー〈3〉 (ドラゴンライダー (3))

エラゴン 遺志を継ぐ者―ドラゴンライダー〈3〉 (ドラゴンライダー (3))


エラゴン 遺志を継ぐ者 オリジナル・サウンドトラック

エラゴン 遺志を継ぐ者 オリジナル・サウンドトラック

*1:多くのブログで散々書かれてるネタだったりしますがw

*2:Lord of the Rings: The Two Towersでローハンの王セオデンを操っていたサルマンの手下

*3:これは映画の中での名言

*4:絡みはそんなになかったはずだけど