読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広島はバスと路面電車があるからいいのという反論

中国地区ってすごいんだな

というわけで↑のこと。既に広島駅の新幹線は全面自動改札に切り替えられてますが、未だに人力だった広島市内在来線の改札も4月中旬までに自動に切り替わるということらしいです。


広島に住んだことがある人ならわかると思うけれど、広島市内を通ってる在来線は、山陽本線可部線芸備線呉線のみ。そのうち東西に走っている山陽本線呉線はどちらかと言えば市外へ向かう人かほとんど市外みたいなところに住んでる人向けなので、広島市内の人(主に広島市北側)が通勤・通学に使うとしたら可部線芸備線が多いわけなんですが、これがまた両方とも単線で、駅もまた微妙な場所にあり、芸備線に至っては全線非電という素晴らしい環境。しかも広島駅は市内中心部から若干離れた場所にあるので使い勝手が悪いわけでして。
それに比べて、市内を走るバスや路面電車は使いやすいし市内中心部の至る所に通じており、バスの場合は郊外の方から中心部への路線も多いので、わざわざバスで最寄の駅に行ってから電車で広島駅まで行ってそこからバスや路面電車に乗り換えて広島市内に行くよりは家の近くのバス停から市内中心部行きのバスに乗った方が断然便利。さらにアストラムラインという微妙に運賃は高いけど沿線に住んでる人にとって市内中心部に行くにはとっても便利な新交通システムがあるのでさらに電車の利用率が下がります。
広島市民は可部線芸備線の沿線に住んでる人はきっと電車を使うだろうけれど*1、それ以外の人は市外に出るか新幹線にでも乗る用事がなければあんまり電車とか乗らない気がします。
自分の場合も実家がアストラムラインの駅のそばにあるので市内中心部に行く時はいつもそれを使っていくので電車やバスを使うことはあんまりないです。新幹線とか乗るために広島駅に行く時はアストラムラインで本通りまで行ってそこから路面電車に乗り換えることが多いのでやっぱり在来線には乗らない。


そんなわけで、他の都市圏と比べて広島の場合在来線が全く発達してなくて、その代わりを路面電車、バスやアストラムラインが補ってるので電車自体あんまり重要視されてなくて、だから在来線の全面自動改札化が他の都市圏に比べて遅れたんじゃないのかなとか思ったり。ちなみに自動改札自体は1993年のアストラムライン開業の時にアストラムライン全駅で導入されているので別に珍しいもんではなかったりします。


最後に在来線の発達が他の都市圏に比べて遅れてる理由の個人的な予想をちょこっとだけ書いておくと、やっぱり第一に広島市の土地の狭さにあるかと思います。広島市は東西と北は山で囲まれており、南側は瀬戸内海に面していて意外に都市部の土地は狭いです。しかも市内には南北に太田川を中心に多数の川が流れており、狭い土地を更に狭くしてます。東西の場合は海は沿岸に沿って昔から山陽道があるので岩国やら呉やらに行きやすく山陽本線あたりも発達しやすかったのですが、中心部から北に行くとすぐに山にぶつかってしまう為、住宅地は作れても電車を引くのは難しい立地条件です。なので電車を引くにしても僅かしかない平地に限られてしまい、山の方は単線を微妙な場所に引いていくしかない状態になってしまいます。それに対してバスなら山だろうと川だろうと関係なく路線を結ぶことが出来るのでそっちの方が重要視されたのかと思われます。路面電車にしても市内中心部は狭いので在来線を引けないので小さい電車である路面電車を採用したのだと。後広島市は素晴らしいくらい綺麗な三角州の上にあり、しかも川が多いこともあって土壌が弱いため、地下や高層ビルを建てるのが難しい*2という理由もあって地下鉄も敬遠気味。

*1:それでも市内中心部に乗り換え無しで行くにはバスを使うかも

*2:高層ビルは技術の進歩によってかなり増えてきたような。でも地下街は少ない