読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手書き広告

先日書いた団体で来月またイベントをすることになって、学内に広告を張りだそうということになったのだけれど、今まで何度か広告をイラストレータとか使って作成して張り出してたわけなんですが、それじゃいまいち効果が薄いということになって、発想の転換というか試しに手書きにしてみたらどうかということになっちゃいました。


当たり前といえば当たり前なんだけど、みんなに見てもらえる広告を作るというのは凄く難しい。広告を張る場所を厳選するのはもちろんだけど、張った場所を通ったら必ず目につくくらい目立たせるのは難しい。しかも予算的にカラーの量産は難しいのでモノトーンで頑張って、黒地に白で目立たせたりとかいろいろやってみたりしてるわけなんですが、やっぱりどうも効果が薄い感じが否めないわけでして。
しかも一応食べ物系のイベントなので、あんまり原色とか奇抜なデザインを使うと目立つけど気持ち悪い広告になっちゃうので余計に難しい。


そんなわけで、手間はかかるけど、手書きの広告なんて学内だと珍しいし、凝った感じなら目立つかもということで、手書きの広告を作ってみようということになり、メンバーで手分けして作ることに。50枚くらい作る予定で、各自好きなように作るので50種類の広告が出来ることになりますね。


自分はといえば、紙を横長に切ってみたり、切り絵の如く張り合わせたりいろいろやってみたけれど、まぁ確かにただ印刷してる広告よりは目を引きそうな気が。手間はかかるけど。


効果のほどはまた来月にでも報告しますよ。


にしても、イラストレータに慣れ過ぎたせいか、間違えたらUndo出来ないのはつらい。。。