読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TechCrunch TokyoのHackathonに参加して優勝しました

http://instagram.com/p/gjpbMNjaCx/
11月11日、12日に渋谷で行われたTechCrunch Tokyoのサブイベントとして開催されたHackathonにWondershake開発チームで参加してきました。

リクルート社主催のMA9の一環としても行われたのもあってMA9で使用可能なAPIのうちの一部をプロダクトに使うということが条件だったので、色々迷った末に今回は楽曲の情報などを提供してくれるgracenoteさんのAPIを使用することにしました。


んで、作ったのがこのiPhoneアプリ
f:id:penpen-0704:20131112225635p:plain
f:id:penpen-0704:20131112230335p:plain
iPhoneにあるiPodで再生中の曲をアプリで取得し、gracenoteのAPIでその曲のムードを決定し、25個種類のムードに当てはめて表示します。
同時にFacebook連携を行うことで自身のFacebookフレンドで同じくアプリを使っている人も同じ仕組で同画面上に表示されるので、自分の聞いている曲のムードと同じムードの曲を聞いている友だちや、特定のムードの曲を聞いている友人を見つけて、その人の今の気分をふんわりと知ることができるようになっています。


http://instagram.com/p/gmlvapDaMQ/
デモではプレゼンのインパクトでごまかすのではなく、開発・デザイン共にしっかりとした完成度の高いモノを見せることができるのを目標に開発したので、ホーム画面の特徴的なUIや各ユーザのフィード画面、通信部分などもダミーなどではなくちゃんと実装してみました。ブレストの時間などを除くと、デモまでに実装していた時間はたぶん10時間ちょっと位だったと思うのですが、短い時間で作ったわりには完成度の高いモノが出来たかなぁと思います。


http://instagram.com/p/gk8MJUjaBk/
アイディア自体は正直飛び抜けて凄いわけでもなかったので、良くて部門賞くらいかなと思っていたのですが、完成度の高さが審査員の方々に高評価だったようで、見事優勝に当たる「MA9部門賞 TechCrunch賞」なるものを頂くことができました。
そのままMA9本戦のファイナルステージでのデモ、授賞式などにも参加させて頂き、他のMA9に参加されていた方々のプレゼンなども見ることが出来たので良かったです。


Hackathonに参加すると普段の仕事とはまた違った発見もあるので、また来年もどこかで機会を見つけて参加してみようと思います。非常に疲れるのでフルタイムで参加するのは1年に1回くらいで十分ですが…


http://instagram.com/p/gmtmdOjaCj/
ハッカソン優勝しましたー! #hackathon #tctokyo
優勝発表後に、一緒に参加したチームと前日TechTalkで登壇されていたAppSociallyの堤修一さんがたまたま近くにいたので一緒に記念撮影しました。