読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iOS 9から追加されたコンテンツブロッカーを試してみた

本日いよいよiOS 9の一般ダウンロードが開始されました。
色々と変更点はありますが、一般ユーザにとって大きな影響があるのが、Safari Extensionsとして追加されたコンテンツブロッカーでしょうか。
このコンテンツブロッカーはそれようのアプリをAppStoreでダウンロードすることにより、iOS Safariでの利用時に表示されるコンテンツに対してカスタマイズを加えることができるようになっています。最もわかりやすい例としては、広告のブロックでしょうか。


この広告ブロックを使用するには、CrystalというアプリをiOS 9がインストールされているiPhoneに入れる必要があります。

Crystal - Block Ads, Browse Faster.

Crystal - Block Ads, Browse Faster.

  • Dean Murphy
  • ユーティリティ
  • 無料


インストールしたCrystalを開くと機能をOnにするための手順が表示されます。
f:id:penpen-0704:20150917184221p:plain:w320


書いてあるように手順としては、設定アプリを起動しSafariを選択。
f:id:penpen-0704:20150917184351p:plain:w320


メニューの真ん中どころにある"コンテンツブロッカー"を選択。
f:id:penpen-0704:20150917184407p:plain:w320


インストールされているCrystalを有効にします。
f:id:penpen-0704:20150917184442p:plain:w320


この状態でSafariを開くと、今まで表示されていた広告は綺麗サッパリなくなります。
ざっと確認した感じだと、現状ではGoogle AdSenseなどの広告は消えるのですが、Yahoo! Japanとかの広告は消えないようです。あともちろんサイト上の自社広告とかは消えないです。海外でメジャーな広告はブロックされており、国内のはそこまでカバーされていないようですが、今後対応が進んでくると消えていく可能性はありそうです。


このコンテンツブロッカーはあくまでもSafari拡張機能としての位置づけの為、自分でアプリをインストールして有効にした状態でSafariで閲覧したサイトのみが有効なのですが、SFSafariViewControllerを使用すればサードパティのアプリ内で表示するサイトにも同様のことができるので今後対応が進んでくれば今まで溢れんばかりに見ていたバナー広告を一切見なくなるという日も近いかもしれません。
今後この機能がどの位浸透するかはわかりませんが、バナー広告が有効な手段でなくなった今、アプリだとFacebook/Twitter/Instagram辺りが必死にやってるインフィード広告の価値が高まっていく感じになるのでしょうかね。