過ちは繰り返しませぬからの主語とは

f:id:penpen-0704:20060806120821j:image


こんな記事はてブに出てきていたのでちょこっとだけ言及してみる。


とりあえずヒロシマナガサキへの原爆投下が核実験であり人体実験であったという事実は小さい頃から何度も何度も聞かされてきたので自分にとっては特に目新しいことではなくて、何をいまさらといった感じなのだけれど気になったのが、

私は、広島の平和記念公園を二度訪れたことがある。もちろん、原爆死没者慰霊碑に首(こうべ)を垂れ、祈りを捧げた。そのときは、「過ちは繰り返しませぬから」という碑文の文言には、何の抵抗もなかった。しかし、今日、その碑文を読み直して強い違和感を覚えた。
原爆投下という過ちを犯したのは米国である。なのに「過ちは繰り返しませぬから」とは・・・・・・おそらく、この慰霊碑が建立された頃は、日本の誤った戦争が原爆の悲劇をもたらしたという認識が、我が国民に強かったということであろう。当時の私も、何の
抵抗も感じなかったのだから・・・

というところ。このブログでは最後にも、

以上からすれば、広島の平和記念公園の原爆死没者慰霊碑に刻まれた「過ちは繰り返しませぬから」の主語は米国のはずである。いや、米国でなければならない。

と書かれている。で、まぁこのブログでは過ちは繰り返しませぬからの主語は米国であると書いているわけなのだけれど、本当にそうなのか。自分が思うにこれの本当の主語は"(米国だけでなく、日本だけでもなく全世界の人々すべてを含めた)私達は過ちを繰り返しませぬから"という意味なのではないのかと。おそらくこの碑文を考えた人は世界市民としてこの地球上でこのような悲劇を更に引き起こしてはならない、世界市民の一員である米国が過ちを犯してしまったが、私達はもう過ちは繰り返しませぬから、という意味でこの文を書いたのでは。この碑文の主語にはそれくらい広く深い意味があるからこそ、あえて主語を抜いた文にしたのではないかと。


と、ここまで書いておいてあれなんですが、実際のところこの碑文の主語は何なのでしょうかね。碑文が書かれた時代からしてやっぱり"(日本の)私達"なのかな。