9月6日

今日も相変わらず風邪で治るどころかひどくなってる気がしたので仕方なく彼女さんからパブロンをもらって飲む。てか、このパブロンは自分が彼女さんにあげたやつな気がする。
夜になって友達に借りていたエスプレッソマシンと本もろもろを返して、逆に貸していた本もろもろを返してもらうついでにハワード・シュルツの"スターバックス成功物語"を借りてみる。この本も高校の時に2回くらい読んで感動した本だったり。ちなみにちょろっと昨日紹介した"The Art of Profitability"(ザ・プロフィット -利益はどのようにして生まれるか-)の中でチャオがスティーブに勧める必読書の一冊だったりします。
内容はよくある経営手法やらを書いてあるわけではなくて、どちらかといえばタリーズの松田公太の"すべては一杯のコーヒーから"のように自身の体験談、自分の幼少の頃、スターバックスとの出会いやイタリアでのカフェラテやバリスタとの出会いなんかを書いてます。Managementのプレゼンでスタバかタリーズに関することをやろうと思ってるのでしっかり読んでおこうとか思いつつ。

スターバックス成功物語

スターバックス成功物語

  • 作者: ハワードシュルツ,ドリー・ジョーンズヤング,Howard Schultz,Dori Jones Yang,小幡照雄,大川修二
  • 出版社/メーカー: 日経BP
  • 発売日: 1998/04
  • メディア: 単行本
  • 購入: 7人 クリック: 139回
  • この商品を含むブログ (56件) を見る

すべては一杯のコーヒーから

すべては一杯のコーヒーから

ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのか

ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのか