Windows Phone 7をゲットしました。

そんなわけで、アメリカに来たらやりたかった事の一つ、Windows Phone 7が入った携帯を買う、を実践しました。(日本で発売される前に買えたら良かったのに。。。)

f:id:penpen-0704:20110905003240j:image:w600

色々検討の末、Samsung FocusのSimロックフリー版を購入しました。2万ちょいくらい。

まだSimを差していないので、一部機能は使えていないのですが、このヌルヌル感とMetro UIは半端無く良い感じです。
Windows Phone 7最大の特徴であるMetro UIの見た目上ののっぺり感は好き嫌いが分かれるところかもしれませんが、個人的にはかなり好き。画面上に大胆に置かれたタイポグラフィもセンスが良く、とてもMicrosoftが作ったとは思えないデザインセンス。
画面遷移もヌルヌル動くので、使ってて気持ちいいです。


もう一つの機能、Hubも上手く機能している感じ。
PeopleとかPictureとかもFacebookと連動させることでユーザが意識することなく様々なデータをネット上のデータと共有することが可能になってます。あと単純にPanorama UIがかっこよすぎ。iOSとかのScrollViewとかと比べるとほんとに。


そんなネイティブのアプリの素晴らしさに対してサードパーティーアプリはちょっと残念な感じ。
そもそもアプリ自体が、iOSやAndroidに比べて少ないのですが、ひとまずよく使いそうなFacebook, Twitter, foursquareあたりをダウンロード。
3つのアプリとも頑張ってる感はあるのですが、ネイティブアプリのヌルヌル感に比べると動作が重く一つ一つのアクションをこなすのに時間がかかりすぎるイメージ。


端末の感想というより完全にOS側の感想になってますが、OSの出来は現時点では

Windows Phone 7 >>>> iOS = Android

な感じでしょうか。
といってもサードパーティーアプリケーションのクォリティでは圧倒的に劣っているので、その辺が解決してくれば、2015年辺りにはシェアNo.1になっているという予想も夢物語ではないのかも。


なんにせよ、MicrosoftnのProductで凄いと思ったのはフライトシミュレータ以来な気が。
これからいじり倒すのが楽しみ。